既に40歳に近い年齢の30代のサラリーマンです。世間ではアラフォーと呼ばれている年齢に入っていると思います。仕事は順風満帆な感じで、最近自分が立ち上げた企画が通ったことで喜びを隠せません。そんな私もそろそろマイホーム取得の動きをしなければと思っています。今はマンションに住んでいますが、妻もマイホームが欲しいと言っているのでそろそろ考えようと思っているのです。しかしお金はこれと言って無い状態で、このままで大丈夫かなという不安もあったのです。 マイホームはとにかく広いということ、そして収納スペースがしっかりと作られている所を探しました。収納が無い場合は自分で用意することになるので、幾ら広くても結局狭くなってしまうことが多いのです。そのため広いスペースを確保しつつ、収納に便利な所があればいいかなと思って探していました。1つだけいい家が売られていたので実際に見学し、中身を確認してから購入の検討に入りました。金額がかなり凄いことになっていましたが、ここで助けてくれるのが住宅ローンのいい所です。

住宅ローンは家に必要なお金を貸してくれる便利なもので、サラリーマンである程度の年収があれば問題なく利用できます。返済もそんなに金利が高くないので問題なく利用できますが、借りる金額によっては相当な利息を支払うことになるので結構苦労することもあります。私はお金が無かったので結構借りることになり、その額は1000万円近くに達していたと思います。金利を考えると年間の利息は相当高いものを覚悟しなければなりませんが、ボーナス払いなども利用して早々に返済すれば楽だという話を聞いて、これくらい借りてもいいかなと思って利用することにしました。 最終的に狙ったマイホームを取得することが出来て良かったと思っています。これから高い住宅ローンの支払いに苦労するかもしれませんが、狭いマンションよりも快適で暮らしやすく、しかも近所付き合いも楽になってとても助かっています。高い住宅ローンでも何十年かけて支払いを行えば大丈夫だと思っています。こうした物を購入したので、より仕事を頑張っていかないとと思い、今日も辛い残業に耐えながら頑張っています。











TOPへ